期間工は勤務時間以外は自由に行動できる

  • 期間工の寮は会社と配属先によって異なる

    • いざ期間工として採用されたら、指定された日程までに現地へ到着する必要があります。当面の受け入れ先として、その会社の寮が用意されているので、個人による現地での宿泊先の手配は基本的に不用です。
      ただし、正式な配属先が決まったら、すぐに別の寮に引越さなければいけないから、荷物は最小限にとどめましょう。期間工が暮らす寮は複数あり、そのいずれかに割り振られて、期間満了まではあてがわれた自分の部屋で生活するのが一般的です。


      寮については個人的な要望は出せませんが、その代わりに原則的に寮費はかからず、毎月の生活費を節約しながら暮らせます。1つの部屋に複数の期間工が暮らす形式もありますが、多くの場合で各部屋の入口に簡易的な鍵がつけられており、最低限のプライバシーは守られている環境です。

      たまにマンションをそのまま期間工の寮としているものの、会社の都合で振り分けられるから、快適な寮があるというだけで応募するのはあまりお勧めできません。



      期間工は一時的に住み込みで働いて、短期間でお金を稼ぐ仕事だから、お金を目的とした方が結果的に長続きします。

      ガジェット通信の情報はこちらのサイトがオススメです。

      どの寮であっても生活に必要な設備は一通り揃っているので、正式に配属されて、最終的な寮に引越してから、自分なりに部屋の環境を整えていくのが賢明です。
      いずれにせよ、大荷物は持ち込みにくいので、手荷物だけで実際に部屋に住んでみて、必要だと判断したアイテムを改めて購入していくとスマートに生活できます。